【アメフト/日大終了説】タックル被害者父が大阪市議会議員だった事が判明【奥野康俊】 | 週刊炎上 – 炎上ニュース速報 – 最新炎上ニュースと過去の炎上ニュースのまとめ

業界最速で炎上したyoutuber、芸能人、スポーツ選手、企業、バカッター、炎上芸人、アイドル、歌手、女優、俳優等の炎上ニュース速報。炎上した理由を詳しくまとめています。

【アメフト/日大終了説】タックル被害者父が大阪市議会議員だった事が判明【奥野康俊】

HOME→カテゴリ:スポーツ炎上ニュース

投稿:18/5/21
更新:18/5/25

【出典元:http://www.okuno-yasutoshi.jp/

 

5月21日の夕方、ついに悪質タックルの被害者(関西学院大学の奥野耕世選手)の父親がメディアの前に立ち、記者会見を開きました。

父親は涙ながら「正直申し上げて辛かったです…」「本来は、このような会を開きたくなかった」と胸の内を吐露。

奥野耕世選手は、怪我をした後、「息子は泣きながら”アメフトをやるんじゃなかった”と言っていた」とも明かしました。

やはり、日大側(内田正人監督)の会見が腑に落ちなかった模様。「あの会見で真実を聞くことができなかった」と述べています。

あの会見は結果的に火に油を注ぐ形になってしまいましたね…

奥野耕世選手の父親は、日大側の会見などを受け、5月21日には被害届を提出したとのこと。

そんな中、衝撃的な情報が飛び込んできました。

なんと、奥野耕世選手の父親は大阪市議会議員の奥野康俊氏(52)でした。

今回、日大の内田正人監督のみ絶対的な権力者として紹介されていましたが、まさかの奥野耕世選手の父親も権力者だったという…

これにより、ネット上では、「日大完全終了のお知らせ」「日大とうとうやばくない?もう逃げれないのでは?」「まさかの大阪維新の会かよw」「内田監督 vs 奥野康俊市議会議員ですね」といった声が寄せられています。

果たしてどうなってしまうのでしょうか?

奥野康俊氏の会見映像は?

こちらになります。

涙を堪えて語っています…

奥野康俊氏のプロフィールを紹介

まさかの大阪市議会議員だった奥野康俊氏。

簡単なプロフィールをご紹介します。

名前:奥野 康俊(おくの やすとし)
学歴:北豊島小学校→北豊島中学校→府中池田高等学校→立命館大学理工学部
現職業:大阪市議会議員
所属政党:大阪維新の会→
経歴:リクルートグループに就職→池田市議会議員に初当選(1995年)→池田市議会議長(2010年)→大阪府議会議員として当選(2011年)→大阪府議会議員にトップ当選(2015年)
家族構成:4女1男の父

内田正人監督 vs 奥野康俊市議会議員!日大終了説が浮上

内田正人監督は日大のアメフトチーム「フェニックス」の監督を辞任しました。

しかし、奥野康俊氏をはじめ、多くの国民が納得していない模様。

一番大きな原因としては、”真実が明るみになっていない”からでしょう。

内田正人監督の中途半端だった会見を受け、奥野康俊氏は被害届を提出しています。

今後は『内田正人監督 vs 奥野康俊市議会議員』のバトルになるのでしょうか?

 

5月22日には悪質タックルを仕掛けてしまった宮川泰介選手が東京都内で記者会見を開き、、内田正人監督やコーチから指示があったかどうかについて説明するとのこと。

また最新情報が入り次第、取り上げていきます!

[su_box title=”おすすめ記事” box_color=”#f1163c”]【日大/宮川泰介】22日に記者会見確定!内田監督の闇が暴かれるか? 

【悪質タックルの瞬間】内田正人,井上コーチは見ていた!証拠画像動画あり[/su_box]

日大に関する関連ニュース

[su_feed url="https://news.google.com/news/rss/search/section/q/日大?hl=ja&gl=JP&ned=jp" limit="3"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top