【ガスト】カエルが混入して炎上!閲覧注意。自作自演の可能性も?【宅配弁当】 | 週刊炎上 – 炎上ニュース速報 – 最新炎上ニュースと過去の炎上ニュースのまとめ

業界最速で炎上したyoutuber、芸能人、スポーツ選手、企業、バカッター、炎上芸人、アイドル、歌手、女優、俳優等の炎上ニュース速報。炎上した理由を詳しくまとめています。

【ガスト】カエルが混入して炎上!閲覧注意。自作自演の可能性も?【宅配弁当】

HOME→カテゴリ:企業炎上ニュース

投稿:18/5/23
更新:18/5/23

【出典元:https://twitter.com/9Sh5OsDrRhbeOZB/status/998183733193658369

 

5月20日、熊本市在住の男性が「ちょ、これはヤバイ ガスト頼んだもん?そしたらカエル入っとるけんね」というツイートをし、物議をかもしました。

なんと、画像を確認すると、ガストの宅配弁当、付け合わせのサラダの中にカエル(本物)が混入しています。

このツイートは17,000RT以上(5月23日時点)され、多くの人の目に晒されることに。

騒動を受けて、ガストを運営する「すかいらーくレストラン」は、5月22日に謝罪をしています。なお、異物混入原因や管理状態については現在も調査中とのこと。

ガストの宅配弁当にカエルが混入?画像は?

問題のツイートはこちら。

※微グロ。閲覧注意です。

 

異物混入に関しては、かつてペヤングゴキブリ事件などで大きな騒動になりましたね。

今回はまさかのカエルということで、「グロい」「もうガストは行かない」「食欲失せた」とショックを受けた人も多い模様。

こういう類のツイートは『自作自演』の可能性も否めませんが、

どうやら自作自演ではないようです。

「すかいらーくレストラン」も謝罪していますし、これがもし嘘ツイートだと発覚した暁には損害賠償を求められるレベルです。

 

※追記

ガスト元店員男性の発言を発見。自演の可能性も否めないようです。

繰り返しますが、仮に自演だとしたら、損害賠償を求められるレベルです…

「可能な限りの減農薬・減化学肥料」

こんなツイートを発見しました。

 

すかいらーくグループの公式サイトをチェックしたところ、

農薬や化学肥料をたくさん使えば、より安定した数量を確保しやすくなりますが、安全でおいしい野菜を作るため、可能な限りの減農薬・減化学肥料によって、野菜の味を残しながら、えぐみの少ない作物の栽培に日々努めています。

【引用元:https://www.skylark.co.jp/csr/safety/relay/supply.html

“味にこだわっている”ガストだからこそ、今回のような異物混入事件が起きてしまったのかもしれませんね。

少なくとも、農薬まみれの野菜ではないということです。

「すかいらーくレストラン」謝罪

騒動を受けて、ガストを運営する「すかいらーくレストラン」は、5月22日に謝罪をしています。

今後については「グループ一丸となり再発防止に努める」とし、「ご迷惑とご心配をおかけ致しましたことを心より深くお詫び申し上げます」としました。

なお、宅配弁当の付け合わせのサラダの中にカエルがいたという事案は速やかに熊本市保健所に報告し、現在は異物混入のルートや原因、管理状態について調査中とのこと。

同様のカエル混入事案は今のところないようです。

ネットの声

掲示板やTwitterから一部ご紹介します。

  • グロいよ…食欲失せました。
  • もうガストは行かない。衛生管理どうなってるの?
  • これ自作自演の可能性もあるけど、さすがにマジだよね?トラウマになったんだけどw
  • 今後サラダを食う時絶対確認しちゃうわ。カエル入ってたら泣く。
  • まぁこれで農薬まみれの野菜ではないってことが分かったな。
  • いや、まじなの?あり得なくない?釣りであることを願う。損害賠償請求されるやつ。
  • カエル嫌いからしたら本当トラウマになる…
  • 写真見なけりゃ良かった…ゾッとしたわ…

トラウマになった人も少なくないようです。

海外でも意外と多い。食品の異物混入事件

日本でもたびたび異物混入事件がありますが、海外でも意外と多いことをご存知でしょうか。

 

海外でも、「マクドナルドのハッシュドポテトにゴキブリ混入事件」「冷凍ベジタブルに凍ったカエル混入事件」「サラダパックに生きたカエル混入事件」「ペプシの中に内臓が溶けたカエル混入事件」「サラダの中にネズミ混入事件」「チョコの中に蛆虫混入事件」「シンガポールのお菓子に虫混入事件」など起きています。

意外とカエル混入事件って多いんですね・・・

カエルマニア以外には喜ばれないでしょう。

コメントを残す

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top