【トイレの神様】清瀬駅、女子トイレで窃盗、逮捕【名誉毀損/風評被害】 | 週刊炎上 – 炎上ニュース速報 – 最新炎上ニュースと過去の炎上ニュースのまとめ

業界最速で炎上したyoutuber、芸能人、スポーツ選手、企業、バカッター、炎上芸人、アイドル、歌手、女優、俳優等の炎上ニュース速報。炎上した理由を詳しくまとめています。

【トイレの神様】清瀬駅、女子トイレで窃盗、逮捕【名誉毀損/風評被害】

HOME→カテゴリ:その他炎上ニュース

投稿:18/7/13
更新:18/7/13

とんでも無いニュースが飛び込んできました。あの「トイレの神様」が逮捕されたとyahooニュースなどで報道され大きな話題を呼んでいます。しかし、今回話題になった「トイレの神様」は、NHK紅白歌合戦に出演した植村花菜さんでは無く、別の方です。では、何故「トイレの神様」として報道されてしまったのでしょうか?見ていきましょう。

事件の経緯と動機など

西武新宿線・清瀬駅の女子トイレで常習的に窃盗を繰り返したとされる、住所不定・無職の五十嵐洋容疑者(46)が逮捕されました。

警察庁によると、3月~6月までの間、清瀬駅の女子トイレにて7回にわたり窃盗を繰り返していた容疑がかかっています。

五十嵐洋容疑者は、女子トイレに侵入し、隣の個室に掛かっているショルダーバッグなどを盗んでいたとみられています。

6月に、トイレから五十嵐洋容疑者の指紋が検出された為、逮捕に至りました。

五十嵐容疑者は、

「他の駅のトイレでもやった」

などと話しており、容疑を認めているとの事です。

トイレの神様はどこから出てきた?

何故、今回、「トイレの神様」というワードが出てきたのでしょうか。多くの人が疑問を思ったはずです。

女子トレイ付近には、監視カメラなどが設置されておらず、当初は犯人像が掴めなかったことから、捜査員は犯人を「トイレの神様」と呼んで捜査していた事が明らかになりました。

植村花菜さんは全くの無関係?風評被害?

上記の事から、歌手で紅白にも出場した元祖「トイレの神様」こと植村花菜さんは全くの無関係です。

何故、わざわざ不要な情報を警察は開示したのか、本当に理解に苦しみますが、警察は勿論、大手のニュースメディアにも批判が殺到しています。

植村花菜さん本人は、今回の事件に対しては一切言及しておらず、無関係とはいえ、話題になってしまった為、コメントに注目が集まります。

植村花菜とは?誰?

1983年1月4日生まれ。
A型。
兵庫県川西市出身

植村花菜さんは、「トイレの神様」が特に人気ですが、他にも良い曲が沢山ありますので是非聞いてみましょう。

新曲も完成したようです。

でこぼこ

ただいま。

輝く時間の中で

メッセージ

世界一ごはん

My Favorite Songs

BRESS 春にして君を想う

ありがと。

シャララ

あなたのその笑顔はいいヒントになる

光と影

紙ヒコーキ

やさしさに包まれたなら

キセキ

ミルクティー

大切な人

植村花菜さんの公式HP

http://www.uemurakana.jp/

ネットの声

これに対してネット上では、植村花菜に大して名誉毀損ではないか、とんだ風評被害だ、などと怒りを露にしている人が数多くいる反面、久しぶりに植村花菜の曲を聞こうなどと、逆に話題になった事で動画を探す人も増えたようです。

名誉毀損とは?

名誉毀損(めいよきそん、英:Defamation)とは、他人の名誉を傷つける行為。損害賠償責任等を根拠づける不法行為となったり、犯罪として刑事罰の対象となったりする。

人の「名誉」は多義的な概念である。

内部的名誉
自己や他人が下す評価からは離れて独立かつ客観的に存在しているその人の真価をいう
外部的名誉(社会的名誉・事実的名誉)
ある人に対して社会が与えている評判や世評などの評価をいう
名誉感情(主観的名誉)
本人の自己に対して有している価値意識や感情をいう
これらのうち内部的名誉は客観的にその人に備わっている真価そのものであり、他から侵害される性質のものではなく法的保護の問題とはならない。法的保護のあり方が問題となるのは外部的名誉と名誉感情である。

刑法上の名誉毀損罪は外部的名誉を保護法益とする。また、民事上、名誉毀損として保護される「名誉」も外部的名誉である。名誉感情については名誉感情の侵害が問題となる(#名誉感情の侵害を参照)。

【引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D

コメントを残す

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top