【バーチャルYouTuber】Vtuber終了?藍兎らび(あおと らび)?撤退?【バーチャルユーチューバー】  | 週刊炎上 – 炎上ニュース速報 – 最新炎上ニュースと過去の炎上ニュースのまとめ

業界最速で炎上したyoutuber、芸能人、スポーツ選手、企業、バカッター、炎上芸人、アイドル、歌手、女優、俳優等の炎上ニュース速報。炎上した理由を詳しくまとめています。

【バーチャルYouTuber】Vtuber終了?藍兎らび(あおと らび)?撤退?【バーチャルユーチューバー】 

HOME→カテゴリ:Vtuber物議ニュース

投稿:18/5/26
更新:18/5/26

配信者としてYouTuberやツイキャスなどで活躍している『みずにゃん』氏が今話題になっているバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)事業について真剣に語る動画を公開しました。

動画内で、新人バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)でも藍兎らび(あおと らび)を運営するクリエイターニンジャ株式会社が予算の問題で事業継続が困難と判断した関係で、藍兎らび(あおと らび)に関するバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)事業を別の企業に引き継ぎたいとの事です。

藍兎らび(あおと らび)が『藍兎らびを助けて〜あるじさまを募集します〜』という切実な動画を公開し大きな話題、そして物議をかもしています。

みずにゃん氏の動画『バーチャルYouTuber終了のお知らせ』


【出典元:https://www.youtube.com/watch?v=W2iKv01O-M4

バーチャルユーチューバー(バーチャルYouTuber/Vtuber)とは?

バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)とは、文字通り”バーチャル”なYouTuberのことを指します。

YouTuberは「YouTubeに動画を投稿する人」のことをいい、動画に出演するのは三次元のモノだったり人です。

一方バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)はYouTubeに動画を投稿するのは人なのですが、出演するのはバーチャルなアバター。(声は人間が担当していることが多い)

2017年の後半頃からバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)という単語をよく聞くようになり、テレビで取り上げられることも増えました。

(自称)世界初のバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)・キズナアイがこの界隈を盛り上げてくれた第一人者であり、2018年5月現在、YouTubeで今最も注目されているコンテンツだと言っても過言ではありません。

キズナアイを皮切りに続々と新しいバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)が登場し、現在その数は1,000を優に超えているといいます。

四天王と呼ばれる超人気バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)や、1回のYouTubeライブ(生放送)で数百万円稼ぐバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)もいる一方、チャンネル登録者数が100人にも満たず、人知れず消えていくバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)もいます。

つまり、同じバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)でも天と地の差があり、多額の資金を投資して始めた企業ですぐに撤退しているケースまであるのです。

逆に、最近キテいるバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)のピーナッツくんなどは、特に大金を先行投資することなく成功しています。

飽和市場になりつつあるバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)界で、もはやどんなバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)が今後ウケるのか・伸びるのか予測不能です。

詳しい人によると、これから人気が出るバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)は、(最低限の機材や知識は前提の上で)他にはない個性があると伸びるといいます。

 

また、最近だと、バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)の中の人(声優さんやモーションを担当している人)を特定しようとした動画が問題になり、炎上を招いていました。

バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)の中の人は、イメージに関わるので公開されないことが多いです。基本的には、プロの声優からネットで活動している声優、または一般の方がやっています。

藍兎らび(あおと らび)とは?

今回みずにゃん氏の動画で紹介された、月からやって来たバーチャルアイドル・藍兎らび(あおと らび)。「人間たちを笑顔にさせたい」という目的で地球にやって来たとのことで、歌やダンス動画、特技や魅力を披露する動画を”配信予定”でした。

2018年3月2日にチャンネルを開設し、総視聴回数は8,700回ほど、チャンネル登録者数は720人ほどいます

まだ動画は7本しかアップしていない新人バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)だったのですが、今回をもって月に帰るようです。

藍兎らび(あおと らび)のプロフィール

さて、そろそろ月に帰ってしまう藍兎らび(あおと らび)のプロフィールをご紹介します。

名前:藍兎らび(あおと らび)
年齢:地球年齢でいうと17歳
出身:月
好きなもの:あるじ様、いかの塩辛
嫌いなもの:ニンジン、漢字
趣味・特技:歌、タイピング
チャームポイント:長い耳としっぽ
特徴:イケメン、イケボ

クリエイターニンジャ株式会社とは?

藍兎らび(あおと らび)を運営する会社は「クリエイターニンジャ株式会社」というカッコいい名の会社。

クリエイターニンジャ株式会社は2017年3月に設立されたベンチャー企業です。

代表的なサービス(アプリ)に『クリエイターニンジャ』というYouTuber向けアプリがあります。

略して『クリニン』というこのアプリ、自分のチャンネルランキングをチェックしたり、アナリティクスを見たり、トップYouTuberたちの最新動画や動向をチェックしたりできます。

他の事業としては、動画プラニング、 ソフトウェア開発、アプリケーション開発などなど。

クリエイターニンジャ株式会社は常にビデオクリエイターの手助けとなる為、品質向上に努めます。 もしあなたがスマートフォンやPCでビデオを作れなくとも、心配する必要はありません。 ビデオクリエイターにとって便利な機能・技術・商品を開発し続ける事こそが我々のミッションなのです。

【引用元:https://www.creator.ninja/

公式Twitterアカウントはコチラから。

撤退の理由は?

今回、クリエイターニンジャ株式会社がバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)事業から撤退を決めた理由…それはズバリ「予算の都合」です。

『当初予定していた数字を大幅に下回り、なかなか結果を出せなかった』のが原因の模様。

事業継続は困難ということで、「バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)事業は別の企業に引き継ぎたい」としています。

 

みずにゃん氏が、バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)を運営している某企業に色々話を聞いたところによると、昨今、競合相手が多すぎて開発費や運営費・広告費がかなりかかるようです。

競合が多い分、ユーザーが求める質は上がっていきますからね…

他のバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)と差別化を図るためにも、各所に資金が必要なようです。

コストを上回るぐらいの再生回数が取れていれば黒字で運営できますが、再生回数が数百~数千だとやはり厳しいようですね。

にしても、藍兎らび(あおと らび)のチャンネルを開設してからまだ3か月も経っていませんし、これからという時に撤退していまうのは少々もったいない気もしますが…

クリエイターニンジャ株式会社なりの考えがあっての撤退だったのでしょうか。

新しいあるじさまを募集しようと思います。

5月24日、事業撤退を受けて、藍兎らび(あおと らび)は『藍兎らびを助けて~あるじさまを募集します~』という動画をアップ。

 

藍兎らびの「あるじさま」が、『当初予定していた数字を大幅に下回り、なかなか結果を出せずにいたため、僕は消えます』という悲しすぎる置き手紙を残して失踪した模様。

ということで、新しい「あるじさま」を募集しています。

「地球のみんなを元気にしたい」という気持ちは変わっていないようですね。

ちなみに新しい「あるじさま」の募集は6月20日まで。

連絡先は動画の概要欄から!

気になる企業様はぜひコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか?

現在人気のバーチャルyoutuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)は?四天王?

さて、現在人気のバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)についてご紹介していきます。

バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)には『四天王』と呼ばれる5人のバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)がいます。

なぜ『四天王』なのに5人いるか?についてですが、特に理由はないようです。同時期に5人出たというのと、ブームの火付け役みたいな感じです。

『四天王』のメンバーには諸説ありますが、一般的には「キズナアイ(別格)」「ミライアカリ」「輝夜月」「シロ」「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」の5人を指します。

それぞれ簡単にご紹介!

キズナアイ(A.I.Channel)

バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)界の親分と言われているキズナアイ。

王道アイドルキャラクターで、雑談・小ネタ・やってみた系など幅広いジャンルに対応。

自称世界初のバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)ということで一躍有名になり、世界的に支持されています。

2018年5月現在もバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)界のトップ!(チャンネル登録者数,動画の再生回数,知名度)

プロフィールは次の通り!

名前:キズナアイ
愛称:あいちゃん
チャンネル名:A.I.Channel
チャンネル開設日:2016/10/18
チャンネル登録者数:187万人(2018/05/26現在)
作者:森倉円(キャラクターデザイン/キャラデザ)、Tda(モデリング監修)、トミタケ(3D モデル)
特徴:可愛い、王道、上昇志向、ホリエモンともコラボしている

▼オススメ動画

ミライアカリ

初音ミクと同じデザイナーであるKEI氏が手掛けた可愛いビジュアルが特徴的で、明るい性格・元気ハツラツ・サービス精神旺盛・下ネタもOKという親しみやすいキャラクターで有名なミライアカリ。

ファンからは「バーチャル芸人Youtuber」なんて呼ばれていたりします。

ちなみに、設定は『記憶喪失のバーチャルアイドル』。

声優については公式発表はされていないものの、ゲーム『アズールレーン』のテラー役でも知られている「マイア~maia~」さんではないか?という話をチラホラ聞きます。

※「マイア~maia~」さんがTwitterにアップしている動画を見ると、声や話し方、そして仕草がミライアカリにそっくりらしい。

プロフィールは次の通り!

名前:ミライアカリ
愛称:団長、鋼メンタル、エゴサーの姫
チャンネル名:Mirai Akari Project
チャンネル開設日:2014/02/28
チャンネル登録者数:59万人(2018/05/26現在)
作者:KEI(キャラクターデザイン/キャラデザ)
特徴:面白い、元気ハツラツ、下ネタOK

▼オススメ動画

輝夜月(かぐやるな)

輝夜月(かぐやるな)は2017年12月から活動を始めた後発組のバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)。

どの動画も数分程度のトーク動画が多いのですが、ハイテンションで親父ギャグも使ってしまう姿には思わず吹き出してしまう魅力があります。

公式に発表はされていませんが、担当声優はYouTuberの『P丸様。』だと言われています。確かに…似ている!

プロフィールは次の通り!

名前:輝夜月(かぐやるな)
愛称:見るストロングゼロ(ストロングゼロのような中毒性)、首絞めハム太郎(ハム太郎の首を絞めた時のような声)
チャンネル名:Kaguya Luna Official
チャンネル開設日:2017/12/04
チャンネル登録者数:68万人(2018/05/26現在)
作者:Mika Pikaza/ミカ・ピカゾ(キャラクターデザイン/キャラデザ)
特徴:ハイテンション、中毒性、声

▼オススメ動画

電脳少女YouTuberシロ

電脳少女YouTuberシロは、2017年6月から活動しているバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)。

アイドルに憧れているだけあり、ほんわかしていて可愛い人物です。チャームポイントは「はねたアホ毛」。

テンションが高い時の引き笑いがイルカのような声(超音波)で、シロイルカとも呼ばれています。

基本ほんわかしているものの、ゲームになると”ガチ勢”ぶりを発揮し、そのビックリするほどのギャップがファンにウケています。

声優担当は「結月春菜さん」でほぼ間違いないようです!(公式発表ではりませんが)

プロフィールは次の通り!

名前:電脳少女YouTuberシロ
愛称:シロイルカ、戦闘用AIシロイルカ、サイコパスシロイルカ
チャンネル名:Siro Channel
チャンネル開設日:2017/06/23
チャンネル登録者数:46万人(2018/05/26現在)
作者:株式会社アップランド
特徴:おっとり、意外性、サイコパス寄り、ゲームガチ勢、声可愛い

▼オススメ動画

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん

2017年11月から活動している「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」という強烈な名前のバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)。

元々は「Live2D」の作品を投稿していました。

見た目は美少女、中身はおじさんというとんでもなくキャラが濃い人物であり、けもみみおーこく国営放送というチャンネルで動画を投稿しています。

人気の秘訣はその異色さと個人制作っぽさ。

他のバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)とは一味も二味も違います。

プロフィールは次の通り!

名前:バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん
正式名称:ねこます(ねこみみマスター)
愛称:のじゃおじ、のじゃロリ、ねこます
チャンネル名:けもみみおーこく国営放送
チャンネル開設日:2015/02/02
チャンネル登録者数:28万人(2018/05/26現在)
作者:不明
特徴:何だこれ、ハマる可能性大、VRの世界に生まれた現実

▼オススメ動画

今急上昇中のバーチャルyoutuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)は?

ピーナッツくん

ピーナッツくんは、徐々に人気と勢いをつけてきている期待のバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)です。

チャンネル名はオシャレになりたい!ピーナッツくん。2017年6月27日にチャンネルを開設し、登録者数は47,000人もいます(2018/05/26現在)。

最近、アドリブ星座占いを実施しプチ炎上を招いていました。

▼詳しくはこちら。

▼オススメ動画

甲賀流忍者!ぽんぽこ

「甲賀流忍者!ぽんぽこ」は、たぬきが女の子の姿に変身した忍者バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)。

もともとは、上で紹介したピーナッツくんのアニメーション動画に登場する「怪盗ぽんぽこ」というコスプレイヤーのキャラクターでした。

いつの間にかピーナッツくんのチャンネルから飛び出て、バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)デビューを果たしていました。

2018年2月1日にチャンネルを開設し、登録者数は47,000人もいます(2018/05/26現在)。

ピーナッツくんと同じく、人によっては一瞬でハマるのでぜひ動画をチェックしてみて!

甲賀流忍者!ぽんぽこだよ!よろしくね! ぽんぽこねぇ、たぬきなの!!! 滋賀県の甲賀市の山で生活してるの!!!

▼オススメ動画

バーチャル×リアルの融合!素晴らしいです。

スパイト様(ぺいたんこ)

2018年4月2日にチャンネルを開設し、7,000人以上のチャンネル登録者数(2018/05/26現在)を抱えるスパイト様。

「よう人間ども~!」の挨拶でお馴染みの高圧的なキャラクターです。

かなりのイケボ…なのですが、中身の人は大手配信者のぺいたんこ氏で確定しています。

ツイキャス王・コレコレ氏の配信中に特定され、知れ渡ってしまいました。

本人も諦めて(?)おり、むしろぺいたんこ氏の知名度を利用しスパイト様のチャンネル登録者数を増やしていくのもありかもしれません。

▼オススメ動画

バーチャルyoutuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)になるには?

さて最後に、バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)のなり方,なる方法,やり方についてご紹介します。

まず、本格的にバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)をやりたいという場合、最低でも『動画の企画/制作』『モーションキャプチャ(人の動きを取り込んでアバターに反映させるもの)を使用できる環境や設備』『中の人(声優,ネット声優,一般人,もしくは自分)』『動画の編集』『やる気と根性』が必要かと思います。

▼モーションキャプチャを使用している動画。

しかしこれを全部1人でやるとなると本当に大変ですよね…?

実際、有名バーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)だと、上記to doリストを1人で全部こなす必要もなく、そもそも、運営会社の下でグループが作成していると考えられます。

じゃあ個人でやる方法はないのか…?いや、あります。

動画を編集できるPC環境(一応それなりのスペックがあった方が望ましい)、自分の表情に連動して指定のキャラを動かすことのできる環境(Face Rigなどのソフトを使用)、キャラクターに喋らせることのできる環境(自分の声を全く別の声に変換できるソフトもある)があれが充分でしょう。

もはや、パペ文字(iPhone X必須)、ホロライブなどのアプリがあればスマホ1台でもバーチャルYouTuber(Vtuber/バーチャルユーチューバー)になれる時代です!

とことんクオリティを求めたい方なら”ガチ”でやることをオススメしますが、「なんとなくやってみようかな!」ぐらいの人は手軽に手を出せる所からやってみてはいかがでしょうか?

幸運を祈ります!

コメントを残す

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top