【マホトvsヒカル全面戦争開始】マホトの新動画が恐怖?ファンも批判? | 週刊炎上 – 炎上ニュース速報 – 最新炎上ニュースと過去の炎上ニュースのまとめ

業界最速で炎上したyoutuber、芸能人、スポーツ選手、企業、バカッター、炎上芸人、アイドル、歌手、女優、俳優等の炎上ニュース速報。炎上した理由を詳しくまとめています。

【マホトvsヒカル全面戦争開始】マホトの新動画が恐怖?ファンも批判?

HOME→カテゴリ:youtuber炎上ニュース

投稿:18/7/17
更新:18/7/17

古参大物YouTuberのワタナベマホトさんvsカリスマYouTuberのヒカルさん。

それぞれのファンを巻き込み、全面戦争へと突入しました。

ヒカルさんがマホトさんに物申した動画に対し、マホトさんのアンサー動画は・・・

まさかの動画でした!

マホト「殴らせろ」

7月15日、マホトさんさんは次のような動画をアップしました。

タイトルは、『謝罪?するわけねぇだろ。かかってこいよ』…

 

動画にはサグワさんが出演。

ホラーグロ映画SAWをパロディにしたネタ?動画でした。

最後まで謝罪しない姿勢を貫き通し、動画の最後には「あいつの顔面にワンパンいれるまで絶対謝罪しねえかんな。ブン殴らせろ」と恐怖の言葉を…

これにはファンも騒然。マホトさん擁護派ですら心配していたいり、批判している状況です。

(ヒカルさんアンチ派ももちろん存在)

マホトvsヒカル全面戦争 どっちが強い?

Twitterでリサーチをかけると、「そもそもヒカルやレペゼン地球はマホトのステージまで上がれていない。対等な立場になってから文句言え」という厳しいコメントを発見。

確かに、マホトさんとヒカルさんなら、どうしてもYouTube歴が圧倒的に長いマホトさんの方が少し上というイメージです。

(ヒカキン、はじめしゃちょーと並ぶ)

ヒカルさんも確かに凄いですし、マホトさんより稼いでいるかもしれませんが…

 

一概に強さははかれませんが、総合的な戦闘力でいうとマホトさんの方がやや上でしょうか?

レペゼン地球がYouTube凍結

ヒカルさんに便乗してマホトさんの悪口を言っていたのが原因なのか、レペゼン地球のYouTubeアカウントが凍結。。

これは衝撃でしたね…

 

ただこれは、マホトさんとは関係ないようです。

以前から激しめの動画が多かったですからね…

ヒカルのアンサー動画は?

マホトさんの『謝罪?するわけねぇだろ。かかってこいよ』に対するヒカルさんのアンサー動画は…

『店長おめでとう!遊楽舎でアイスクリームの販売が開始されました!!』

安定の店長登場です。なんだか安心ですね。

もうこの件には触れないのでしょうか?

マホトのツイートは?

 

動画をお休みする模様。今回の件が相当響いてるのでしょうか?

元はと言えばマホトの粘着が原因?

VALU騒動の後、マホトさんはヒカルさんに対し粘着(あえて粘着という表現をさせていただきます)するようになりました。

禁断ボーイズに踏み絵をやらせたりと、衝撃的な動画もアップされていましたよね。

今回、ヒカルさんがマホトさんに対し不満を爆発させた原因は、マホトさんにあるのでしょうか。

でももっと辿っていくと、ヒカルさんのVALU騒動が全ての元凶のようにも思えます。

マホト「ふざけんなよって思った」

マホトさんがヒカルさんに対し、「ふざけんなよって思った」と言っていました。

この「ふざけんなよ」には色々な想いが込められている気がします。

「昔から頑張って築いてきたYouTuber文化を根底から壊すような事件を起こしやがって」といったところでしょうか。

それだけVALU騒動は大きかったと思います。

今後の2人について

マホトさんもヒカルさんも大人気トップYouTuber。

いつか…いつか仲直りしてコラボをして欲しいところですが、お互いプライドが高いと思いますし、なかなかそうもいかないでしょう。

「結局どちらが悪いの?」という質問に対してはどっちもどっち、ではあると思います。

VALU騒動を起こしてしまったヒカルさんも悪ですし、圧倒的な影響力がありながらそれをネタにしていたマホトさんも悪。

でもどちらの気持ちも分かります…

コメントを残す

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top