【井上コーチ】ゲイビデオ(ホモビデオ)出演時、ウケだった事が判明 | 週刊炎上 – 炎上ニュース速報 – 最新炎上ニュースと過去の炎上ニュースのまとめ

業界最速で炎上したyoutuber、芸能人、スポーツ選手、企業、バカッター、炎上芸人、アイドル、歌手、女優、俳優等の炎上ニュース速報。炎上した理由を詳しくまとめています。

【井上コーチ】ゲイビデオ(ホモビデオ)出演時、ウケだった事が判明

HOME→カテゴリ:スポーツ炎上ニュース

投稿:18/5/24
更新:18/5/25

急上昇検索ランキングに入っている『井上コーチ』こと、日大アメフトの元コーチ井上奨(いのうえつとむ)氏ですが、ゲイビデオ(ホモビデオ)への出演が暴露、拡散されてしまい大炎上しています。

恐らく記者会見時に、はっきりと何を指示したかを覚えていないなど、宮川泰介選手と違い、抽象的な発言が多かった事が大きく原因になっています。似たような事件、記者会見でお酒に酔っていて何も覚えていないなどの表現が用いられる事がよくあり、言い逃れの常道手段として頻繁に使用される事があります。

あまりに抽象的過ぎる発言に非難殺到

今回、井上コーチ(井上奨/いのうえつとむ)、内田正人前監督、両者の発言に抽象的な表現が多く使用されていた事から、批判が殺到しています。どうしても比較されてしまうのが、宮川泰介選手の会見での発言になりますが、何故試合前後の記憶が飛んでしまっているのでしょうか?

お決まりの「記憶にございません」か?

100歩譲って内田正人前監督は、年齢の問題もあり記憶力が低下していると考えれば納得出来ますが、井上コーチ(井上奨/いのうえつとむ)の場合は、いかがでしょうか?

井上コーチは、アルツハイマーなのか?

30歳という若さですから、記憶力もしっかりとしていると考えられ、自身が指示した内容を明確に覚えていない事など考えられません。何故なら、自分自身の潔白を証明する為にも、細かく説明した方がより信憑性が増すからです。

ゲイビデオ(ホモビデオ)出演時にウケだった?

ゲイ業界においてウケとは、行為を行う際に、リードされる側のことを指し、別名『ネコ』とも言われています。

基本的に受け身なので、相手に身を委ねる事が多いです。

ゲイ業界では、タチと呼ばれる攻め側の人よりウケの方が割合が多いとされており、ウケを極めた者は、『バリウケ』などと表される事もあります。

井上コーチ(井上奨/いのうえつとむ)が出演していた、『筋肉チルドレン イノセントな筋肉青年達が大人のワールドへ』『ノンケ喰い日記~こんなに食べちゃいました~第27巻』を見る限り、攻められているシーンが多かった為、ウケもしくは、リバではないかと予想されています。

リバって何?

ウケは知っていても『リバ』という名称は、ゲイ当事者以外にはあまり知られていません。

この『リバ』とは『リバーシブル』の略称と言われており、攻めのタチ、そして受け身のウケの両方になる事が可能で、場面でチェンジ出来る人を指します。

アメフト部はゲイだらけなのか?

yahoo知恵袋にて、アメフト部にゲイが何故多いのかという質問がありました。

それに対する回答がコチラ

NFLプレイヤーは芸(ゲイ)達者です。

特に、レシーバー陣はタッチダウン後にある程度のセレブレーションは許されるので、タンゴのダンスを踊ったりします。

ただし、度が過ぎると、『パーソナルファール・アン・スポーツマンライクコンダクト』としてペナルティが課せられますのでご注意ください。

【出典元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12136493652

 

しかしこれは、完全にネタです。そこで、週刊炎上独占記事でも登場したゲイ当事者でもあるS氏に話を伺ってみました。

S氏によると、アメフト部のように男のスポーツには、ゲイ人口が多く、特に体を鍛えるタイプのスポーツには結構存在しているとの事です。

しかし、ゲイとして公表していないケースも多く、秘密な関係を結んでいる事も多いそうです。

大きな理由としては、寮生活と言われています。

男同士の寮生活では、絆関係も深まり、仲良くなりやすいのもあり、更に女性の接触がほぼ無い状況下になりますので、男同士の恋愛に発展するケースも少なくないようです。

片思いになってしまった事によって、退部してしまう事もあり、叶わぬ恋愛だった場合は、悲しい結末を迎える事もあるとS氏は言う。

今回、井上コーチ(井上奨/いのうえつとむ)のゲイビデオ(ホモビデオ)出演疑惑と報道は、日大アメフト部の悪質タックル事件がきっかけで明るみに出たわけではありません。

実は、2013年、9月6日に発売されたフライデーにより、『名門・日大アメフト部を襲ったゲイビデオ騒動』というタイトルで暴露される形になってしまい大きな話題となっていたようです。

その際に、井上コーチ(井上奨/いのうえつとむ)は、ゲイビデオ(ホモビデオ)への出演を認めたとされていますが、当時監督だった内田正人監督は『出演者は他人である』と結論付けてしまいました。

この頃から、内田正人前監督の影響力は相当大きなものであると分かります。

現在、『井上コーチ ゲイ』などのキーワードで沢山のアクセスが殺到しているようですが、大事なのは、ゲイの人達が悪いのではないという事です。

変にゲイの人達をからかったりしないようにしましょう。

たまたま井上コーチがゲイだったというだけであり、井上コーチ自身が宮川選手に対する指導が足りていなかった事、または、真実を公表出来ていない可能性が高い(抽象的な表現が多かった為)事が問題なのです。

間違ってもLGBT関係者やゲイの方々を悪く言わないようにしましょう。

コメントを残す

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top