【大炎上】自民党の杉田議員、LGBT批判でデモ祭り?大変なことに | 週刊炎上 – 炎上ニュース速報 – 最新炎上ニュースと過去の炎上ニュースのまとめ

業界最速で炎上したyoutuber、芸能人、スポーツ選手、企業、バカッター、炎上芸人、アイドル、歌手、女優、俳優等の炎上ニュース速報。炎上した理由を詳しくまとめています。

【大炎上】自民党の杉田議員、LGBT批判でデモ祭り?大変なことに

HOME→カテゴリ:その他炎上ニュース

投稿:18/7/27
更新:18/7/27

自民党杉田議員LGBTに対し「生産性がない」などと切り捨てたことで大炎上を招きましたが、それを擁護する姿勢を貫いた自民党にもまた批判の声が寄せられています。

当事者の方からしたらとても悲しくなる一件ですが、杉田議員はいま何を思っているのでしょうか?

杉田議員のLGBT批判は議員になる前からだったという証拠も出ていますが。。

実際、LGBTに対しどう思っていようが個人の自由ですが、ちょっとおかしな持論を、しかもしかるべき立場の人が、世間に公表してしまったのはまずかったと思います。

ネット上では、「何様?」「自民党にがっかりした」「子供のいない異性カップルに対しても生産性がないと言える?」といった批判の声が寄せられており、つい最近カミングアウトをしたことで有名な勝間和代さんも今回の件に触れています。

自民党の杉田議員の発言について

問題になった杉田議員の発言内容。

月刊誌「新潮45」への寄稿文で、「『LGBT』支援の度が過ぎる」とした上で、

「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」

という誤った?持論を展開。

つまり出産の可能性がないから「国益に寄与しない」ということを言いたいのでしょうか。

となると、LGBTに限らず、様々な理由があり結婚できていない方や子供が産めない方も敵に回しています。。

今回切り捨てられたのがたまたまLGBTだっただけ

乙武さんのツイートをご覧ください。

 

この「私」とは、代入可能なXみたいなもの。

次は自分かもしれないし、大事な人かもしれない。

そう思うと、他人事には感じなくなる一件だと思います。

民主党ですよ…

勝間和代の意見

勝間和代さんもこの件に関し、核心をつくような発言をしていました。

杉田議員の寄稿自体を「論外」と切り捨てた上で、

「より大きな問題点を私が感じたことは、『このような誤った論調を助長しかねない論考に対し、政権与党であり、LGBTの理解促進法を作ろうとしている自民党がなぜ、容認するのか』という点に尽きると思います」

【出典元:http://news.livedoor.com/article/detail/15062317/

と論を展開。

「自民党はLGBTの理解促進についてまったく当事者の気持ちを理解していないことになります」

「党内で意見が異なっていいものもあるでしょうが、今回の杉田氏の意見はすでにそのレベルを超えていると少なくとも私は感じますし、このような発言を個人の見解として容認する自民党に大変な失望感を覚えています」

【出典元:http://news.livedoor.com/article/detail/15062317/

確かに、自民党に失望感を覚えます。

これは個人の意見として容認していいのでしょうか?

それで懐が深い、なんて言えるのでしょうか。。

LGBTと生産性は関係ない

杉田議員のような考え(保守派?)の人は多くいると思います。

実際、氷山の一角でしょう。みんな言わないだけで心の中で思っていたりしますし。

 

だからこそ言いたいのは、LGBTと生産性はまるで関係ないということです。

子供の有無が生産性に繋がるのだとしたらおかしな話すぎます。

安倍首相に対しても「あなたは生産性がない」なんて言えるのでしょうか。

 

「LGBTのせいで出生率も下がっている」なんて声もありましたがそれも関係ありません。

そもそもLGBTと出生率は関係なく、同性婚が認められている国の方が日本なんかより出生率が高かったりします。(根拠となるデータもネット上で上がっています)

それに、LGBTはここ近年急に出てきたわけではありません。昔からいました。時代の変化と共に存在が可視化されてきた、というだけです。

 

個人がどう思おうが自由ですが、根っから批判・否定するのではなく、しっかり正しく理解した上で発信した方がいいと思います。

想像力の乏しい、残念な人になってしまう気がします。

杉田議員が今後どう動くのか、要チェックです。

 

↓凄いことになってますね。日本大丈夫なのかな。。

コメントを残す

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top