【宮川泰介】宮川選手が嘘をつくメリットとデメリット【記者会見】 | 週刊炎上 – 炎上ニュース速報 – 最新炎上ニュースと過去の炎上ニュースのまとめ

業界最速で炎上したyoutuber、芸能人、スポーツ選手、企業、バカッター、炎上芸人、アイドル、歌手、女優、俳優等の炎上ニュース速報。炎上した理由を詳しくまとめています。

【宮川泰介】宮川選手が嘘をつくメリットとデメリット【記者会見】

HOME→カテゴリ:スポーツ炎上ニュース

投稿:18/5/23
更新:18/5/23

5/23 20時、井上コーチと内田正人前監督が、緊急記者会見を行い、ラフプレイを指示したかどうかについて全面的に否定しました。井上コーチは、辞任し、内田正人前監督は、常務理事業務を一時停止させる事を発表しました。指示していないとなると、気になるのが、宮川泰介選手が嘘の証言を元に会見を開いていた可能性です。

20歳という若さで堂々とした喋り、そして自分自身に全て非があると、誰にも責任を押し付けなかった彼が嘘を万一ついてたと考えると疑問点が浮上します。

それが嘘をつくメリットとデメリットについてです。

宮川選手関係無く、嘘をつく人の心理を考えて見ましょう。

嘘をついたと仮定した場合

わざわざ個人的に記者会見までして嘘の証言をした事になりますが、全国民に対して顔と名前を曝け出す程、大きなメリットが宮川選手にあるのでしょうか。

正直とても考えられませんが、無理やり考えてみた結果、元々井上コーチと内田正人前監督と仲が悪かった、または、最近関係がこじていて試合に出して貰えない事に恨みを抱いていたなどが考えられます。

これにより、二人をハメてやろうと軽い気持ちで嘘の証言をした可能性です。

ただここで大きな疑問が残ります。それが・・・・

勝手に記者会見を開く程の恨みだったのかどうかです。

もし仮にこれが本当だとしたら、相当なポーカーフェイスだった事になり、人間不信に陥るレベルです。

嘘をついていないと仮定した場合

日大側の意向を聞かずに勝手に記者会見を開く程、早く謝罪がしたかった。こう考えると当然しっくりきます。

宮川選手は、試合後すぐに被害者である奥野耕世選手に対して親御さんと一緒に謝罪しようとしています。

しかし、これに対して日大陣営は、制止し対応が遅れる事なり、余計に関西学院大学側の怒りを買ったとされています。

コメントを残す

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top