【日大広報部】指示否定するも、残る一つの疑問【怪我させてもいい】 | 週刊炎上 – 炎上ニュース速報 – 最新炎上ニュースと過去の炎上ニュースのまとめ

業界最速で炎上したyoutuber、芸能人、スポーツ選手、企業、バカッター、炎上芸人、アイドル、歌手、女優、俳優等の炎上ニュース速報。炎上した理由を詳しくまとめています。

【日大広報部】指示否定するも、残る一つの疑問【怪我させてもいい】

HOME→カテゴリ:スポーツ炎上ニュース

投稿:18/5/23
更新:18/5/23

日大アメフト部のラフプレイ事件の加害者、宮川泰介選手が開いた記者会見(謝罪会見)が昨日行われました。20歳という若さながら顔と名前を曝け出す大きなリスクを背負ってまで回答していた言葉があります。

この記者会見を受けて、日大広報部は改めてコメントを発表。

内田正人監督や井上コーチから『相手のQBを”潰せ”』という話があったのは事実と認めたものの、『潰せ』とは「最初のプレーから思い切って当たれ」という意味だったと説明。

「(”潰せ”の意味合いについて)誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います」と弁明しました。

仮に、「最初のプレーから思い切って当たれ」という意味で日頃から『潰せ』という言葉を使っていたとしたら、なぜ今回だけラフプレイが起きてしまったのか…?

さらに、日大広報部は「会見において、監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが」などと嘘を述べています。

宮川泰介選手の会見で、内田正人監督と井上コーチから指示があったと明かしていたのに…

疑問が残るばかりです。

まず、井上コーチが、「相手のQBと知り合いなのか?」「関学との定期戦がなくなってもいいだろう」「相手のQBが怪我をして秋の試合に出れなかったらこっちの得だろう」「これは本当にやらなければいけないぞ」などと発言していたこと。

「怪我をさせてもいい」として、悪質タックルをするように追いこんでいたのです。

『潰せ』の意味の乖離を主張し、『指示はなかった』と事実を捏造している日大広報部ですが、宮川泰介選手の証言によると、「怪我をさせること」前提の悪質タックルの指示があったのです。

そこには、『潰せ』の乖離は生じていませんし、指示も確かに存在していました。

これを隠蔽したままで、果たして許されるのでしょうか?

24日には、日大側から再度コメントの発表があるといいます。要注目ですね。

5月22日に日大広報部が発表したコメント全文について-おさらい

アメリカンフットボール部・宮川選手の会見について

2018年5月22日

本日、本学アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が、関西学院大学フットボール部との定期戦でルール違反のタックルをし、相手選手にケガを負わせた件につきまして、心境を吐露する会見を行いました。厳しい状況にありながら、敢えて会見を行われた気持ちを察するに、心痛む思いです。本学といたしまして、大変申しなく思います。

会見全体において、監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、コーチから「1プレー目で(相手の)QBをつぶせ」という言葉があったということは事実です。ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います。

また、宮川選手が会見で話された通り、本人と監督は話す機会がほとんどない状況でありました。宮川選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していたことにつきまして、反省いたしております。

日本大学広報部

【引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000150-spnannex-spo

日大広報部がトレンド1位に

この日大広報部のコメントが発表されると、すぐにトレンド1位に。

この状況でもなお内田正人監督側(権力者側)を擁護する姿勢でいることに、驚きと不満、怒りの声が数多く寄せられています。

日大公式Twitterと公式Facebookも大荒れ…現役日大生までもが声を上げていました。

20歳・学生という若さでありながらも臆することなくメディアの前に立ち、顔出しで記者会見に臨んだ宮川泰介選手の行動が無駄にならないことを祈るばかりです。

コメントを残す

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top