ラファエルがBAN?子供に1000万渡して物議。シバター物申す | 週刊炎上 – 炎上ニュース速報 – 最新炎上ニュースと過去の炎上ニュースのまとめ

業界最速で炎上したyoutuber、芸能人、スポーツ選手、企業、バカッター、炎上芸人、アイドル、歌手、女優、俳優等の炎上ニュース速報。炎上した理由を詳しくまとめています。

ラファエルがBAN?子供に1000万渡して物議。シバター物申す

HOME→カテゴリ:youtuber物議ニュース

投稿:18/8/4
更新:18/8/4

元祖仮面トップYouTuber・ラファエル氏が、8月2日にアップした動画「子供が1000万円を裸で持ち歩く!周りの大人の反応がww【モニタリング】in渋谷」が物議をかもしています。

動画内で、まだ小さな子供に1000万を渡し、渋谷を歩かせるという企画なのですが、すでに5300件以上の低評価が寄せられています。

4日、シバター氏が「ラファエルメインチャンネル、BAN秒読み!!!」という動画をアップし、ラファエル氏らのことを批判しました。

物議をかもしたラファエルの動画

今や登録者数180万人を抱える大人気YouTuber・ラファエル氏。

ジャン君(ハイギャクセンス)と共にトップに君臨するYouTuberですが、たまに激しめの動画や炎上しそうな動画をアップすることでも有名です。

今回、物議をかもした動画がこちら。

 

これには、「面白い!」「企画力すごい!」「最近気合い入ってるね」という応援コメントが寄せられている一方で、「危なすぎる」「子供に何かあったらどうするの?」「賛否両論あるだろこれ」「子供を使って金儲けするな」「子供がボコボコにされたらどうするの?」という心配・批判コメントも寄せられています。

一応、1000万円を持つ子供の近くには、ラファエル氏とジャン君が常にいました。何かあったらすぐに動ける安全な距離です。

ただこのご時世、例えば、「1000万円を狙った犯行が瞬間的に発生し、そのままとんでもないスピードで逃げられる可能性」や「子供そのまま拉致られる可能性」もなくはない。

その観点から考えると、ちょっと危ない企画だったのかもしれませんね。

ただ、テレビじゃできないことができる、というのもYouTubeの利点。いちいち規制したり、文句を言っていたりすると、何もできなくなり、テレビと同じくらいつまらくなってしまう可能性もあります。

難しいラインですね…

シバターが物申す

シバター氏がアップした動画はこちら。

 

常識がないということで、批判。

最近のYouTubeの規制の厳しさを考えると、いつBANされてもおかしくないと述べています。

確かに、ここ最近のYouTubeの規制の厳しさは、トップYouTuberを脅かしています。

100万人に到達したレぺゼン地球もBANされていましたし、もう本当、容赦がありません。

マホトさんやへキトラハウスは、チャンネルBANを回避するために過去の動画を大量削除したり。

 

あとあまり知られていませんが、トップ面白ブロガーのARUFAさんのチャンネルもいきなり永久BANをくらっていました。全く意味が分かりません。

確認したところ、別のアカウントを開設したようです。

夏休みの間は、過激な動画が多い?

シバターさん曰く、夏の間はYouTubeの単価が特にいいらしいので、この時期、激しめの動画をアップするYouTuberは多いでしょう。

再生数を稼ぐためには、ある程度過激な動画や物議をかもす動画の方が伸びますからね。

ただ、常識の範囲内でやらないと、レぺゼン地球のようにいきなりBANされる可能性があります。

難しいラインですが、BANされない程度に頑張って欲しいものです。

最近のYouTubeを見ているとすごい面白いので!

コメントを残す

各記事の内容についての免責事項

各記事に書かれている内容は、ネット上に既に拡散されている、または拡散されていた内容をまとめております。

基本的に事実に基づいてまとめるように努めておりますが、既に拡散されていた内容に誤りがある場合も稀にございますので、その点予めご了承願います。

twitterのツイート引用について

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。 このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

twitterの利用規約確認

記事の修正と削除について

記事の内容に誤りのある場合、または事実であってもご本人様からの修正、削除依頼は速やかに対応致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ツイートの引用、記事内で使用している画像(出典元を記載)についても同様に対応しております。

Top